チームホワイトニングとは

一般的な病院では当たり前だったチーム医療が歯科医師の現場にも取り入れられるようになりました。一般的な病院では、異なる専門分野を持った医師が、患者さんの病状に合わせて分業制で自分の得意分野のみを担当する形で治療を行ってきました。これによって、患者だけでなく医師の負担を軽減しながらもクオリティの高い治療を行う事ができるようになっております。

これまでの歯医者さんでは、患者さん一人に対して歯科医師が一人専属で付くような形で治療を行ってきました。しかしながら、歯科医師にも得意分野と不得意分野というものが存在しておりますので、担当した歯科医師によっては治療のクオリティに差がありました。これを無くしたのがチーム医療です。チーム医療では、各分野の専門家が必要なシーンで担当し、患者に対してベストな状態で治療を行う事ができます。しっかりと情報を共有する事によって高い水準で治療をする事ができるようになっております。

それはホワイトニングでも同様でホワイトニングの分野ごとに得意、不得意の方がいらっしゃいます。チームホワイトニングを行うデンタルクリニックが増えております。より高い水準でホワイトニングをする事ができ、患者や歯科医師の負担が少なくなっておりますので、これからも徐々に増えて行くと予想されております。


~関連記事~